PHPの基礎(1)

WordPressを使用するためのPHPの学習

PHPはサーバーサイドのプログラム
JavaScriptははクライアントサイドのプログラム

クライアントサイドはユーザのパソコン環境で実行されるもの。ユーザーのアクションに対してプログラムが動く。
サーバーサイドはサーバーの中で処理される。データーベースから色々な情報を引っ張り、それを元に処理をする。


PHPの基本的な書き方

PHPを実行するには PHP開始タグと閉じタグを記述する
<?php 〜 ?>

<?php echo ‘こんにちは’; ?>
ブラウザで こんにちは と表示される
echoはブラウザで表示させる

‘こんにちは’; のセミコロン( ; )は一つの処理が終わった後に書くルール

<?php
echo ‘こんにちは<br>’;
echo ‘こんばんわ’
?>

改行したい場合は<br>タグを使用
<br>は文字列でしか使えない。数値内に<br>は不可
一番最後の;は省略可能。

文字列として扱う場合は’’シングルクオーテーションや

””ダブルクオーテーションで囲む

数値として扱いたい場合は’’や””で囲まない
また数値は各種演算ができる

変数について

PHP で変数を使う場合はダラーマーク$を使用する

<?php
$var =’こんにちは’ $varという変数に定義する
?>

変数を’’で囲んでしまうと文字列として扱われてしまうため、
そのまま使用する

<?php

$var =’こんにちは’;

echo $var;

echo $var . ‘山田さん’; .は文字列演算子

?>

文字列演算子を入れることで文字列と変数を連結できる
また変数同士を連結させることができる


関数について

予め決められた処理をパッケージ化されたもの

$price = 1000;

echo number_format($price); number_formatはphpの関数ビルトイン関数



WordPressはWordPress特有の関数がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました