PHP の基礎(2)条件分岐

条件分岐とは特定の条件に応じて処理を切り分けるときに使っていく

$a = 5;
$b = 8;
$total = $a + $b ;
if($total == 13){
echo $total . ‘は13です’;

}

== は左辺と右辺が等しい
!= は左辺と右辺が等しくない
>= は左辺が右辺以上の場合
>は左辺が右辺より大きい場合
<は左辺が右辺より小さい場合
<=は左辺が右辺以下の場合
if分はtrueかfalseで判断している
trueであれば実行するし、falseであれば実行しない

複数の条件をつける場合

OR演算子
if($a == 5 || $b == 3 ){
echo ‘$aが5あるいは$bが3です’

AND演算子
if($a == 5 && $b == 3 ){
echo ‘$aが5、かつ$bが8です’

ifが成り立たなかった場合に次の条件式を計算する
elseifを使う。elseifはいくつも使うことができる。
elseifでも条件に当てはまらなかった場合にelseを使う





コメント

タイトルとURLをコピーしました